理想の顔を手に入れよう|ボトックス小顔治療を利用すべし

看護師

事前に知っておくべきこと

頬を触る人

気にしておくべきこと

ボトックス小顔効果は即効性はなく、効果は早い人では2週間から一般的には約1ヶ月後からあらわれます。即効性を期待しないようにしますが、逆に即効性がないからこそプチ整形をしたことを周りに気づかれる心配がありません。ボトックス小顔にする仕組みは、エラが張ってみえてしまう筋肉の咬筋を抑制することで、筋肉がやせてくるため、エラの張りを抑えることができます。咬筋が痩せてくるため、ボトックス小顔効果を利用したばかりでは食べることが疲れを感じる期間があります。特に硬い食べ物を食べるときに疲れを感じる人が多いようですが、個人差があります。全く疲れがない人もいれば、注射をしてから1〜2週間ほど症状が出てしまう人もいます。ただし症状は続くことなく咬筋のかわりに側頭筋が発達してくるので暫くすると改善しますので安心です。ボトックス小顔の施術方法は注射で薬液を注入します。注射は筋肉注射で針を刺すときにチクっとした痛みと薬液が入ってくるときの浸透圧からの痛みが伴います。施術を行うクリニックでは浸透圧の痛みを最小限に抑えるため工夫を行っています。患者側でも筋肉に力を入れないようにすると痛みが楽になるのでおすすめです。痛みは針を刺すときと薬液を注入中のみで術後はほどんどなく、腫れや出血もありません。傷跡も残らないため整形したということはほとんど術後の見た目ではわかりません。術後気をつけることはガムやスルメなどの固い食べ物を控えるようにします。術後すぐに固い食べ物を食べると咬筋の発達を早めてしまうこともあるので、しばらくは避けるようにします。他にも妊娠中はボトックスの利用はできません。また女性の場合には2ヶ月間、男性の場合には3ヶ月間は避妊をするようにします。ボトックスに使われる薬液は体内に入ると自然と分解されるため安心ですが、胎児への万が一の影響を考えて妊活中はボトックスの利用は男女共に控えるようにします。術後人によってはごくわずかですが内出血してしまうケースもあります。女性の場合にはチークやコンシーラーでカバーした上からファンデーションでカバーをすると目立たなくなります。ボトックス小顔効果ははじめての注射で早い人では3ヶ月ほど長い人では6ヶ月ほどです。注射を繰り返し行うことによって持続期間が長くなります。1、2年は3〜4ヶ月に1回ほどメンテナンスを行い、以降は年1〜2回の注射で十分になります。効果の持続をするためにはメンテナンスを心掛けるようにします。効果がすぐにあらわれませんが、1ヶ月ほど経ってもあらわれないときには施術を受けたクリニックへ相談をするようにします。クリニックによってはアフターケアの相談を行っているところもあります。施術前にアフターケアを確認しておくことも大切です。